• TOP
  • 会社概要

EOKエアラインスクールとは

たまたま見つけた新聞の広告を見て、
忘れかけていた幼い頃の夢を思い出し30代で一念発起、
エアラインスクールに通うことなく最大限の準備の末、
業界未経験でエミレーツ航空に1発合格した代表が作ったスクールです。

アットホームなスタイルで生徒様と講師の距離が近いこと、
生徒様それぞれの個性を大切に長所を伸ばしながらも
改善するべき点は徹底的にアドバイスをし、
希望航空会社への内定を目指して行くスタイルを貫いて参りました。

お陰様で卒業生の皆さまからの口コミを中心に広がり北海道から沖縄まで、
遠くは海外からお越し頂いた1,200人以上(2016年1月現在)の生徒様の
サポートに携わらせて頂きました。
生徒様の内定先も、国内・海外のほとんどの日本人採用を行っている航空会社を
網羅するまでとなりました。

サロンスタイルではじめたスクールも、
2011年の震災があった3月に株式会社化し正式にEOKエアラインスクールを立ち上げました。
会社設立の為に走り回っていた最中の震災、日本を含めこの先どうなってしまうのか
先が読めない状況でのスタートでした。

シンプルな表現ですが、良くなることを信じ、
その時できることに対して真面目に取り組んで参りました。

多くの皆さまが夢を叶えていくまでの過程を一喜一憂しながらサポートさせて頂き、
EOKエアラインスクールも成長して参りました。

夢を叶えたいが無理かもしれないと自分でリミットを作らずに、
是非一度、ご相談にお越しください。 お会いできるのを楽しみにしております!

株式会社エブリシングオーケー
代表取締役 西田 麻紀

EOKの狙い

株式会社エブリシングオーケー
代表取締役 西田 麻紀

社訓:『活動領域の自由選択』

EOKとかかわりを持った全ての人が、自由に自らの活動領域を選択し、
そこで楽しむことができるようになるためのサポート

『グローバル化』という言葉とその必要性は、今後の日本が成長していくうえで避けては通れない課題と認識されていますが、果たしてその課題に対しどこまで真剣に取り組まれているのでしょうか。

一部の企業では、社内公用語が英語に切り替えられ、新卒採用者における外国人の割合が大幅に増えたといわれています。
これは明らかにグローバル化への対応の一つの例ですが、有能な外国人の採用枠を増やす一方で、新卒の就職率が低下している現実もあります。

不景気な状況下、学生が安定志向に走り、一流企業にターゲットを絞りすぎていることが原因という意見も否定しませんが、『即戦力となる優秀な社員を確保したい』という企業側の採用条件を満たす人材として、優秀な外国人が採用ターゲットになってきているのです。簡単に言うと、従来型の、日本人を採用しグローバルな舞台で活躍するようになるまでじっくりと時間とお金をかけて育てるよりも、やる気があり、既にグローバルな公用語の英語を使うことに秀でた外国人を採用するという流れへと変化してきているのです。
この流れに対する善悪を言うつもりはございませんが、少なくとも企業にとって、極めて合理的な考え方の一つであるといえると思います。

今後の労働環境は、日本人間だけで競争や協力をする時代ではなく、国籍を問わず、世界中の人々とも競争し協力しながら働くというものになっていくと思います。このような厳しい状況を乗り越えるには、やはり『自分の商品価値を高めること』が必要なのです。私たちが展開するCA養成学校やグローバルビジネス学校では『即戦力として活躍できるには何が必要か』を常に考えながらテキストを作成し、講義を行います。
私たちのサポートが少しでもお役に立ち、皆さまが世界中で活躍する、そして今度は皆さまが新人を指導する、この連鎖が日本人のグローバル化であると強く信じており、この連鎖を作り上げることがエブリシングオーケーの狙いです。
これら全ての思いを簡潔にまとめ社訓に表現いたしました。

会社概要

会社名 株式会社 エブリシングオーケー
本社住所 〒135-0091 東京都港区台場2丁目2番2号
代表電話・FAX番号 03-6457-1668
URL http://www.everythingok.co.jp
MAIL
取引先銀行
  • 三菱東京UFJ銀行 田町支店
  • さわやか信用金庫 東京港支店
主な事業内容
  • CA養成スクール運営
  • 日本企業の海外進出・外資企業の日本進出コンサルタント業務
  • 海外ビジネススクールの運営
  • 中小企業向け海外事業に関する企業研修
ビジネスサポート詳細はこちら

【著書・連載記事・掲載記事・インタビュー・メディアコーディネーション・セミナー】


  • 週刊ダイヤモンド
    驚異のイスラム
    ドバイ

  • ブライダル雑誌
    ファーストクラス
    ウェディング
    ドバイの結婚式

  • 船の旅 AZUR
    (アジュール)ドバイ

  • All About
    旅行コンテンツ
    ドバイチャンネル

  • 旅の指さし会話帳
    78 ドバイ

読売新聞夕刊 トラベルラウンジ
読売新聞 YOLサイト『新しい大人たち』
読売新聞朝刊
GULF NEWS
三菱レイヨン・クリンスイ株式会社 世界の水 ドバイ
ブライダル雑誌 ファーストクラスウェディング ドバイの結婚式
博報堂 中東メーカー戦略企業セミナー
NHKおはよう日本     
月刊ビッグトゥモロウ
   
イベント、ファッションショー、コマーシャル撮影コーディネート等多数
【Company Profile】
Company name EVERYTHING OK INC. (EOK)
Address 2-2-2 Daiba, Minato-ku, Tokyo,135-0091, Japan
Telephone/Fax (03) 6457-1668
Business Hours 09:00-18:00 Monday to Friday (excluding national holidays)
Scope of Business -Running of Cabin Attendant training school
-Consulting service for Japanese companies' expanding overseas,
and international companies starting business in Japan
Managing Director Maki Nishida
Main Bankers Mitsubishi Tokyo UFJ Bank
Tamachi Branch
Sawayaka Shinyo Bank
Tokyo Minato Branch
Guiding Percepts of the Company "Free and unconstrained in choosing the area of activity"
Providing support for all the people involved in EOK
to enjoy what they do regardless of the field they may choose,
as we respect people's free choice in making decisions
on their area of activity.

代表プロフィール

西田 麻紀

株式会社エブリシングオーケー 代表取締役 西田 麻紀(にしだ まき)

15歳で米国へ留学。大学卒業後は米国での美容会社立ち上げやエステサロンオープンを手掛ける。その後、活動の拠点を米国からアジアに移し、日本の企業や団体の視察団派遣アレンジを通してカンボジアへ長期出張後、スリランカに駐在し投資関連の仕事に携わる。副業で、モーターショー、おもちゃショー、エレクトロニクスショー、ゲームショーなどの国際見本市や各種イベントの司会・ナレーターを6年間、出演数300件以上に上る。また、日韓ワールドカップでは、イタリア代表チームとアルゼンチン代表チームのチームエスコート(鹿島べニュー)に選ばれ、期間中選手と共に行動。

2002年のある日、偶然読んでいたジャパンタイムズでエミレーツ航空の求人欄を見つけ、「やってみよう」と応募。2ヶ月後にはドバイに移り住み、CAとして、世界各国を飛び回ることに。渡航先60カ国以上。その後、フリーランスとなり、日本からの取材・イベント・視察団コーディネートからVIPアテンド、展示会日本窓口、ドバイの様々なプロジェクトにも協力。『桂由美さんの中東初のブライダルファッションショー』や『日本の農作物をドバイに持ってくるプロジェクト』なども手掛ける。VIPの旅行アレンジや視察団ツアー、メディアコーディネートも幅広く対応し、在ドバイ日本領事館やJETROなどのご紹介もあり、気づけばお取引企業様数が200社を超えることに。

2007年、ドバイの楽しさを多くの皆様に伝えようと、ドバイ政府観光・商務局の公認ガイドの資格を取得。更にドバイ記者クラブ会員でもあり、現在All About『ドバイ』担当としても情報発信中。『CA養成学校に通うことなく30歳にしてエミレーツ航空1発合格』したことが、CAになろうと思っている方々から興味をもたれ多くの質問を受けることに。 『CAとして世界を飛び回りたい人に、様々な人と出会い、かけがえのない経験をして欲しい』と、外資系航空会社のCA養成スクールを開校。また、アメリカやドバイなどでの経験・人脈がきっかけとなり、『日本での事業展開相談』『海外進出への相談』も多く、コンサルティング、ブランディング、マーケティング業務も開始。

著書『旅の指さし会話帳 ドバイ

EOK/ Everything OK Managing Director MAKI NISHIDA

At age of 15, she moved to the U.S.. After finishing her degree, she managed opening of cosmetic company and aesthetic salon in the U.S. Then she moved her base from the U.S. to Asia; she went on a long-term business trip to Cambodia through arranging delegations of Japanese companies and organization, then, moved to Sri Lanka and worked in investment related field. In the meantime, she worked as a M.C. and narrator at over 300 events and international shows such as Tokyo Motor Show, Tokyo Toy Show, Electronics Show and The Game Show. Moreover, she was selected as a team escort for Italian and Argentinean teams at World Cup 2002, and she accompanied the team members during the event for Kajima Venue.

One day in 2002, she found an Emirates Airline's recruitment advertisement on the Japan Times and she applied for the position. Two months later, she moved to Dubai and started flying all over the world as cabin crew. List of countries she's been to exceeds 60. After some time, she started working freelance and coordinated many events and shows in Dubai, i.e., coordination for Japanese media and group of observers, VIP escort, organizing exhibition and various projects in Dubai. She was also involved in "the first fashion show in the middle east for Yumi Katsura" and "exporting Japanese agricultural products to Dubai project". She helped arrangements for holidays and tours for VIP and group of observer, and also Japanese media coordination in Dubai, and her client exceeded 200 companies including the ones introduced by the Japanese Embassy in Dubai and JETRO.

In 2007, she obtained a license for registered tour guide issued by Dubai Tourism and Commerce and Marketing, in order to publicize Dubai. Furthermore, she is a member of Dubai Press Club, and she is an official guide and writer for All About Dubai section. She received queries by those who want to become CA, on how she became a cabin crew in her first attempt at age of 30 without going to cabin crew training school. She started CA training school for international airlines as she wished "those who wants to fly around the world as CA to meet many people and to have irreplaceable experience". She also started consulting, branding and marketing business for international companies starting business in Japan and Japanese companies' expanding overseas, after acquiring experience and personal connections in Dubai and US.

Bibliography
Tabino Yubisashi Kaiwacho DUBAI

合格者インタビュー

Sさん(ソラシドエア)

涙の数だけ大きな喜び

Mさん(香港エクスプレス)

モットーは、Never give up☆

Kさん(カタール航空)

新たなステージはWorld's Best Airline