合格者の声・先輩の勉強法

※ EOKは、個人情報保護に関する観点より、内定者の氏名はイニシャル表記とします。
  また、顔出しは、ご本人より了承を得て掲載させて頂いております。

短期集中で掴んだ☆第一志望

航空会社 ANA
内定(内内定)年 2014年
職種 客室乗務員
氏名イニシャル Mさん(ANA)
(EOKは個人情報保護の観点より、実名掲載致しません)
座右の銘 「若い時の苦労は買ってでもする!」
忙しい時、つらい時、
この言葉を思い出すと「ここでギブアップしたら後悔する!」
と思えて頑張ることができます。

合格者インタビュー

西田: 何故数多くある航空会社の中で、ANAを目指されたのですか? 
 
Mさん:
地方出身の私にとって、航空会社といえばANAであり、
とても身近な存在に感じていました。
また、羽田の国際線の拡大や正社員採用というのも魅力的でした。

 
西田: 現在のご職業は?また、どのようなご経歴がおありですか?
 
Mさん:
航空会社ではないのですが、同じ運輸業界で働いています。
船舶や飛行機、そして海外がとても身近な世界です。
現職では海上輸送に関する輸出入システムの企画を行っています。


西田: 海外経験はおありですか?
 
Mさん:
学生時代は短期ですが語学留学を経験したり
海外旅行も沢山いきました。
社会人になってからは海外出張の機会もありました。
 

 西田: 今回の試験に向け、準備された事があれば教えてください。
 
Mさん:
とにかく空いた時間には自己分析を行うようにしました。
また、仕事をしている中で気づいたこと、嬉しかったこと、
難しかったことを振り返りメモするようにしました。
読書も飛行機に関係する本を選ぶように心がけました。

 
西田: 今回の試験で楽しかった試験内容は?
 
Mさん:
最初から楽しかったわけではないのですが、
個人面接では会話を楽しめるように心がけました。
2次も3次も和やかな雰囲気だったので、
普段はお話できない方との会話を少しずつ楽しめるようになれました。

 
 西田: 逆に難しかった試験内容は?
 
Mさん:
自分と一緒のグループの方とお話していたら、
CAの経験があるとおっしゃっていたので緊張しました。

 
 西田: 試験当日、グルーミングに気を付けたことは何かありますか?
 
Mさん:
まずは足元から、ということで靴は新品のものにしました。
髪が短くまとめられないので、お辞儀をした時に邪魔ないならないように
しっかりとスプレーで固めました。
また、朝は早起きしてむくみをとるマッサージをしました!

 
西田: 日頃からストレスを解消するために行っていることがあれば教えてください。
 
Mさん:
よく食べてよく眠り、お風呂にゆっくりと入ることです。
そうすると次の日から心も身体もリフレッシュされて元気になれます。
試験日の夜は必ず焼肉食べ放題にいって、
自分へのプチおつかれさま会をしていました。笑


西田: 好きな言葉や座右の銘があれば教えてください。
 
Mさん:
「若い時の苦労は買ってでもする!」
忙しい時、つらい時、この言葉を思い出すと
「ここでギブアップしたら後悔する!」
と思えて頑張ることができます。

 
西田: 内定を勝ち取った今、客室乗務員採用試験への挑戦を振り返って、改めて思うことは何ですか?
 
Mさん:
働きながらの就職活動は本当に大変でした。
日程が合わなければどうしよう・・・と不安がつきまとい、
仕事が忙しい時は試験のことを考えたくない・・・と思うこともありました。
しかし後悔したくない一心で自分に負けないようにモチベーションを保つことが出来ました。
この試験への挑戦で少し成長できたと思います。

 
西田: EOKのレッスンはいかがでしたか?
 
Mさん:
エアライン受験が始めてで右も左も分からない私に
丁寧にレッスンしてくださり多くのことを学ぶことが出来ました。
完全プライベートなので周りを気にすることなく、
質問もしやくすく、
また、私の状況にあったお話やアドバイスをいただくことができました。
短期間で内定をいただけたのは、
この内容が濃厚なプライベートレッスンのおかげだと思っています。

 
西田: これから客室乗務員を目指される後輩の皆さんにメッセージをお願いいたします!

Mさん:
少しずつだったとしても努力を続ければ目標は達成できると思います。
失敗することもあるかもしれませんが、
失敗こそ成長するチャンスととらえて諦めず挑戦し続けてください。
(適度に休憩しながら!)

 
前の記事へ 記事の一覧 次の記事へ

合格者インタビュー

Tさん(ルフトハンザ)

最大限の努力で掴んだドイツへの切符

Sさん(ソラシドエア)

涙の数だけ大きな喜び

Mさん(香港エクスプレス)

モットーは、Never give up☆