11th Sep 2020

【シンガポール航空】グループ従業員2割削減 新型コロナ影響長期化で4300人

シンガポール航空は現地時間9月10日、
全グループ従業員の約2割に当たる4300人を削減する方針を明らかにした。
すでに新卒採用の凍結や早期退職などで約1900人の人員削減はめどが立ったが、
シンガポール本国と海外拠点で約2400人を削減する。


詳細は、Aviation Wire (By Tadayuki YOSHIKAWA) オリジナル記事をご参照ください。

参照メディア:Aviation Wire by Tadayuki YOSHIKAWA

記事の一覧 次の記事へ